HomeマークLeap一品製品生産型

中小企業向け生産管理システムLeap一品製品生産型

機能詳細

見積りと受注 〈原価予算と利益目標〉

  • 見積り時に過去の見積りデータや生産実績データの検索が容易にでき、精度の高い見積りが可能になります。
  • 受注情報の取込みは関連見積り情報を閲覧、又は複写して簡単操作での入力ができます。
  • 見積り時、受注時共に原価予算を算出することによって、利益目標を意識した活動ができます。

サンプル画面

発注処理《部品表取込みから生産指示》

  • CADなどの設計仕様情報を基に部品表の作成を行います。  《CSV情報にて提供してください》
  • 部品表を自動取込みで行うため簡単正確、しかも過去のデータ参照で原価改善につなげます。
  • 部品表から本品の発注指示と、在庫品の引当て処理を行います。
     『社内の作業指示書』 『外注先、購入先の注文書(納品書)』 『出庫指示書』を発行します。

サンプル画面

納期管理《生産負荷と進捗確認》

  • 生産指示と作業実績、検収と連動してリアルタイムで進捗や機械の負荷がわかります。  加工部署、仕入先別の未納入品の確認も専用画面にて製番別に確認できます。
  • 毎日の進捗状況を色別に 「完了は緑遅れは黒、」など、4色で解り易く表示します。

サンプル画面

在庫振替(製番別)と現在の在庫確認

  • 標準品、箱買品、預託品なども簡単操作で在庫品への入庫と現在庫の確認ができます。
  • 在庫引当て分は振替処理で在庫から出庫して製番へ原価集計します。
  • 未売上げ製番で発生した費用は『仕掛在庫』として集計し表示します。

サンプル画面

製番決算と経営手法

  • 製番(受注案件)ごとに、原価集計をします。 《完成時の結果と、仕掛状況の確認が可能です》
  • 予算と実績を比較し、問題把握と対策を行うことで次の生産に対する改善・利益の向上を図ります。
  • 各費用別に集計して比較します。
       目標利益の変化 ⇒ 受注時の目標発注時の予算 実績 改善の実施へ

サンプル画面

ページTOP